モンキーパンチ氏について

今日の朝のニュースは衝撃でした。平成最後にまた偉大な方がお亡くなりになるなんて思いませんでした。

ルパン三世の作者、モンキーパンチ氏が肺炎のため亡くなりました。私にとってルパン三世はオシャレな画風と個性的なキャラクターがいるという程度で、実際に作品はよくわかりません。一番有名な「カリオストロの城」でさえしっかりと内容は覚えておらず、単なる金曜ロードショーの常連映画という認識でした。

ですがニュースの特集で、モンキーパンチ氏のルパン三世についての思いを知ることができました。

それはカリオストロの城についてのインタビューで、「ルパン三世は変幻自在だから、どんな作り手で多様に変化することができる。それが魅力なんだ。だから宮崎さん(駿監督)のルパンはとても面白かった」と話していました。
また彼を担当した編集者の方のインタビューでは、「彼はオリジナリティが強いだけでなく、作り手の作風を受け入れる好奇心と、受容力がある方だ。」とお話していました。
ちなみに五エ衛門の斬鉄剣は漫画版では流星という名なのだそうです。また最近の作風も現代のアニメのようなタッチであったり、峰不二子が主人公のシリーズがあったりするそうですね。

なるほど、どの世代でもルパン三世が認知されているのは、モンキーパンチ氏が時代の変化や携わる監督に対して寛容さと好奇心がベースにあってこそなのだと思いました。

そんな私も今はとある企業での派遣社員の契約を終え、長らく専業主婦です。最初はすぐに就職してやる!という意気込みでした。
しかし職種上なかなかご縁がなく、今でもまだ履歴書を送る日々です。一方で働いていた時は意識していなかった家事を毎日取り組むことで、内側から家を守るという認識が芽生え面白がっている自分も確かにいます。
この変化がどうやって人生の作品になっていくのかを、じっくりと楽しんでいきたいですね。

あ、今洗濯機が終わったから干さなきゃ!いってきますね!

カテゴリー: 未分類 | コメントする

京成伝説の遮断機切断事件について

千葉県の習志野市で起きた遮断機切断事件について、京成電鉄の路線がある地域に住むものとしては、同じマンションの人たちとも話題になりました。

確かに、あの男性のやったことは、いけない事ですが、私を含めて、みんなあの男性に同情的でした。
電車がバンバン通っている時なら、我慢して待っているけど、人身事故で、「線路には電車の影もないのにずっと30分近くもまたされたらイライラするわよね」と言うのが、あの辺を通った事のもある人たちの意見でした。

慢性渋滞を起こしている千葉県の千葉街道と呼ばれる国道14号は、抜け道を通らないと、14号だけでは、たった10キロでも、渋滞時には1時間かかったこともあるといういわくつきの道路です。
立ち話した奥さんの中には「安倍・麻生道路なんてど田舎の道より、こっちを優先してほしいわよね」「せいぜい観光シーズンだけが混むよな道路鹿見てない政治家ってどうなのよ」というような話になりました。
「イージスアショアが狙われた時の逃げ道道路だったりして」などと怖いことをいう人もいましたが、やっぱり、車生活をするなかでみんなの生活を良くしてくれる政治家を選びたいねと言う話になりました。
でも、みんな選挙に行っても入れたい政治家がないと言って、投票に行かないみたいです。

うちの市は、投票率が悪すぎて、市長候補はたくさんいたのに、決まらなかったという過去があります。
話があちこちに飛ぶのは、主婦の井戸端会議の特徴でもありますが、怒りの分を行動に起こしてほしいなと思いつつも「選挙に行きましょうよ」とは言えない自分に少しがっかりして今いました。

この日記を読んでくれた人は、少しでも住みやすい日本にするために、投票に行ってほしいです。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

新元号に思うこと

新しい元号が「令和」になりましたね。

パート先のスーパーでは、4月1日は、その話でもちきりでした。
朝、出勤したときに、学生バイトの男の子が、「何になるか、めちゃくちゃ気になります」と言っていました。
元号って保守的なイメージがあるので、興味があるのは年配者が多いのかと思っていました。
しちょっと意外だったので聞いてみると、「初めての改元だからワクワクします」とのこと。

菅官房長官の発表の時は、私はレジにいました。
その後の安倍総理の談話も含め、リアルタイムでは見ていません。
でも、正午過ぎに来たお客さんから早速教えてもらいました。
「元号は令和になったのよ」って。

お客さんはその字について、
「なんだか命令されているみたいでいやな感じがする」
と、最初に思ったそうです。
私も第一印象は同じでした。
家に帰って夕刊を読んで意味を知るまでは。

その日のうちに、令の字が嫌という話を、何回もお客さんから聞いたのは、言うまでもありません。
そして、「令和」「令和」と聞き続けるうちに、気が付いたことがあります。
「れいわ」って、実はとっても言いにくいんです。

昼間のすいている時間帯のスーパーって、年配のお客さんがとっても多いんです。
口がうまく開かなくなってきた年代の方が「れいわ」と発音すると、
「えいわ」とか
「めいわ」とかに
近い音になってしまいます。
そこまでいかない方でも、やっぱり言いやすそうではないんですね。

字のバランスとか、確かに見た目は本当にきれいな「令和」。
縦書きにすると、特に美しさが際立ちます。

でも、これからますますお年寄りが増える日本社会。
高齢の方にとっての言いやすさも考えて、改元して頂きたかったなぁ、と、感じた日でした。

ところでその日の夕方、また同じ学生バイトさんと口をききました。
その日一日、同じ部署のパートさんから、昭和から平成になった時のことをいろいろ聞かされたそうです。
昭和天皇がなくなったタイミングでの改元は,慌ただしくていい印象がなかった、といろいろな人から聞いたんだとか。
今回の改元は、純粋に新しいことが始まる、という感じでワクワクする感じがするそうです。

天皇の退位による改元。
新鮮で明るいイベントになって、悪くないな、と、今では私も思っています。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

イチロー引退!

テニス部に所属するものの野球のおもしろさに最近目覚めた中学生の息子と、「イチローを観ないのか」との表題に誘われて、東京ドームで行われているメジャーリーグ開幕戦(マリナーズ対アスレチックス)をテレビで観戦しました。
スマホゲームもやりたい息子はイチローが出るのを、スマホを見てテレビを見てを繰り返して、イチローがバッターボックスに立つと食い入るように画面を見ていました。
イチローの厳しい横顔、磨き抜かれた筋肉質の体。野球にはそんなに詳しくない私も息子と一緒になってテレビをガン見しました。
一球投げられるごとに、イチローのスイングに一喜一憂。打てないとため息がでます。東京ドームでもお客さんは全ての人がイチローに注目してスマホで動画を撮る人も大勢いました。
「打った!」と思うとファールボール。ファールボールをエキサイティングシートの人達が身を乗り出している所を見て息子が「いいなあ!!」と悔しがっていました。
次こそは・・と力が入りますが、なかなかヒットには結びつかずアウトに。
次の打席が待ち遠しい気持ちで見ていました。

いつもの決まった仕草でゆるぎない面持ちでバッターボックスに立つイチロー。
その後引退が表明されるのですが、その時にはイチロー自信はもう引退すると決めていた事を思うとどんな気持ちでバッターボックスに立っていたのかな、と想像しますが、超人イチローの気持ちなど凡人の私にはわかるはずもなく。
引退のニュースが知らされてから、息子はイチローの現役時代の活躍していた動画をユーチューブで見つけて熱心に見ていました。
もちろん、イチローのバットの持ち方も研究して習得してました。

こんなにも人を引き付けるイチローのすごさ、凄み、春休みでたるんでいる中学生の息子にも何か伝えてくれたと思います。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

娘の影響で動物好きになりました。

わが娘、現在6歳。
4月から1年生になります。

好奇心が非常に旺盛で、女の子なのに恐竜が大好き。
「ジェラシックパーク」シリーズの映画は、リピートして何回も観ています。

恐竜も大好きなのですが、現存する、動物も大好き。
毎日、図鑑を見たり動物番組を飽きずに見ています。

蛇やトカゲ、イグアナ等の爬虫類も好きで以前、直接触れ合うことのできる施設で蛇を首に巻いていました。
もちろん安全だとは思いますが、一緒にいる親のほうが首に巻かれている蛇に対して恐怖を感じてしまいました。

これだけ度胸もあって、動物好きな娘なので自然体験をなるべく小さな頃にさせてあげたいと思っています。

動物園とうも良いのですが、出来たら、自然の中で共に共生している体験ができないものかと考えていました。

私は昔、南国パラオに行って、イルカと泳いだことがあります。
まさに、自然の中での共生を感じることができました。
とても良い思い出になったので、娘にも是非どうかと、国内でこういった体験ができる施設を探しておりました。

そして夏休みにでも行きたいなと計画を練っておりました。

主にインターネットで探していましたが、その際に、びっくりするニュースを見つけました。

なんと!鯨に飲み込まれた男性がいるそうなのです。

よく読み進めてゆくと、日本人ではなく、南アフリカ共和国に住むライナー・シェイフさんという、ダイビングオペレーター歴15年のベテランの方でした。

イワシの群れの撮影のため、シュノーケリングをしていたそうです。
イワシの群れを捉えるサメを撮影していたところ、突然目の前が真っ暗になったそうです。

なぜ、真っ暗になったかというと、背後に鯨もいたようで、その鯨に飲み込まれたとのことでした。

結局、口が開き脱出して助かったとのことですが、まさに自然と共生された体験をされたんだと驚きました。

娘にこの話をしようか迷っています。
動画も観せるか迷ってしまいます。

自然とは、果てしなく素晴らしいですが、時として恐ろしく感じる瞬間もあるので・・・。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

電池の残量を気にしなくてもいい日が来る?

しばらく前から度々ニュースになっていて、最近もまた新しい情報が飛び込んできた話題があります。それは全個体二次電池のお話です。

全個体二次電池とは、早い話が、現在のスマホなどに使われている充電池は、中身が液体なのですが、これが固体になるということらしいです。
何が便利になるかというと、充電の時間がかなり短縮されたり、バッテリーの保ちがかなり良くなるそうです。

スマホはもう日常的に使う欠かせないアイテムになっていて、もちろん自分も愛用していますが、いかんせんバッテリー残量を気にしなければいけないところがネックです。
電池が切れてしまえばただの板ですからね。

以前から比べれば、スマホの電池の保ちはだいぶよくなりましたが、それでも使っているうちにみるみる減っていくパーセント表示を見ていると、決して愉快なものではありません。
バッテリーを気にせずに使えるスマホがあったら…
そう考えたこと、スマホユーザーなら一度ならずあるのではないでしょうか。
そんな悩みを解決してくれそうなのが、この全個体二次電池なのです。

いろいろな研究機関で開発が進められているそうで、我が母校の大学も名を連ねています。

初めてこのニュースを聞いたのは、結構前のような気がするのですが、何度か繰り返されていて、技術的な内容も少しづつ変わっているみたいですが、肝心の実用化の話がまだ聞こえてきません。

安全に使えることが第一ですし、もちろん部品代が高くなればスマホや電化製品の価格も上がってしまうので、それは困りますから、よいものを安く提供してほしいところです。
そのために、頑張って研究をしてほしい、早く実用化してほしいと願うばかりですが、やっぱり難しいものなのでしょう。
忘れた頃に耳にするこのニュース。スマホに搭載されて、電池の減りにヒヤヒヤする日々から解放される時代が早く来ることを期待しています。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

昨今のスマホ料金事情

ちょっと前、ヤフーニュースで携帯料金値下げへ中間報告書の骨子案という記事を目にした。
この働きかけが実現すれば、格安スマホ会社の通信料がもっと安くなるかもしれないという内容であった。

大手の携帯電話会社から通信回線を借りる時に支払っている接続料が結構高いらしく、これが下がればもっと安くなるとのことでした。
何を隠そう私の使ってるのは格安スマホ会社で、これは久しぶりに政府いい事してるじゃないかととてもテンションが上がってしまった。

今の料金でも安いと感じているのに、もっと料金が下がるかもなんて本当にありがたいことだ。

私も数年前までは3大キャリアを使っていたが、料金の高さに疑問を感じネットで料金を調べていると、格安スマホ会社みたいなものを発見し早速乗り換えてかれこれ3年程経つ。
格安スマホ会社に乗り換えて、1000円ほど安くなった。年間にして12000円程浮くのだからばかにならない金額であった。

この記事を見て、久しぶりに3大キャリアの携帯通信料を調べてみたけどやっぱり高い。
店頭を構えていたり色々とサービスしてくれたりと便利なのは確かなのだろうけど、あまり利用しないのであればやっぱり格安スマホ会社だなと再認識した。

これが実現すれば、多分私は一生格安スマホ会社を使い続けるのだろう

カテゴリー: 未分類 | コメントする

堀ちえみさんの舌癌ニュースをきいて

タレントの堀ちえみさんの舌癌公表を知り、既にステージ4との発表にとても驚きました。

お子さんを7人も育てるしっかりママ。
それでいて、52歳とはとても見えないくらい、若々しくて可愛らしい方。
テレビで見る若々しくてハツラツとしたイメージとは裏腹に、堀ちえみさんの人生は病気との戦いの連続でした。
若いうちに芸能界に入り、2度の離婚と3度の結婚を繰り返し、お子さんも7人もうけて、幸せな中にも苦労して今まで築いてきた人生だったようです。

頑張って走りぬいてきた方だからこそ、「自分の人生悔いなし」と、人生やり切ったと納得されて病気を受け入れていこうと決断されたようですが・・・
末娘の涙を見て「娘のためにもやはり病気と闘っていこう」と決めた姿にエールを送りたくなりました。

こういう前向きな方だからこそ、これまで40年近く芸能界で活躍されてこられた訳だし、いろんな大病も乗り越え、波乱万丈だった結婚生活でさえ、最終的には幸せをつかめた強運の持ち主なんだなと思います。
そして、今回のような厳しい状況にも立ち向かっていけるのは、今まで作り上げてきた家族の絆のお陰かなと、堀ちえみさんのインタビューを見て、痛切に感じました。

きっと術後も順調に回復されて、復帰される堀ちえみさんの姿を見られるのを心待ちにしています。

カテゴリー: 未分類 | コメントする